代表あいさつ

現在、理学療法士という資格が日本に導入されて半世紀が経過しました。

生活は欧米化し利便性は徐々に増してきているように思います。

 

ただ「便利になること」は私たちの体にとって幸せなことだけでなく

不幸せなことにもつながります。

 

以前のようにストレッチやマッサージでは取り除くことのできなくなった

「苦痛」に困っている方へセラピストとしてどのようにかかわり

「楽」を提供できるか。

 

 

いまだに何が定説か不明な点も多々ある中で、

今できる最大限の力で困っている方に「楽」を提供していきたい。

そのためにはセラピストである私たちも日々学び、

成長していく必要があります。

 

新たな発見があるかもしれない明日を支えに日々成長していける

セラピストでありたい、あってほしいと感じています。

 

Lead!!!代表 富田裕子