マッケンジー法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

Lead!!!の古谷です。
 
私事ですが、昨日試験を受けまして
 
国際マッケンジー協会認定セラピスト
 
になりました!
 
学生の時から目指していた資格なので
 
本当に泣きそうでした(T . T)
 
僕がマッケンジー法と出会った時のことを少し。
 
僕がマッケンジー法に出会ったのは学生の時でした。評価実習でいかせていただいた施設がマッケンジー法をされておりました。もちろん実習当時は??だったのですが、少しずつ教えてもらい、また自身で体感し惹かれていきました。
 
正直、臨床をやっていてもなかなか疾患名と症状が合致する人が少なく悩んでいました。(例えば狭窄症の人。屈曲位で歩いているけど歩いていると痛くなるとか)
 
本当に狭窄症による症状? と疑いの目で見ていましたし、そうではないとさえ思っていました。
 
マッケンジー法では、疾患名にとらわれず自身で評価し、患者さんの反応を確認して治療を進めていくものです。
 
こういったシステムを使っていくと、狭窄症の病名をつけられていても、実は狭窄症による痛みではない、ということが多々あるんです。
 
マッケンジー法、まだまだ知らない方が非常に多いのでどんどん啓蒙活動して参ります!そのうち、Lead!!!でも、、、
 
第3回セミナーもよろしくお願いします!
第3回セミナーはコチラから