セミナーを活かすために

Lead!!!スタッフの吉澤です

久しぶりの更新となります。

 

 

昨今、セミナーや勉強会などが乱立しており、選ぶことに悩むケースが多いかと思います。

 

 

どのセミナーを受講しても何かしら得られるものがると思いま。

せっかくの休日を使い参加されているので、その得られたものが臨床場面などで活用できないと意味がありません。

さらに学会やセミナーでも受講者の学ぶ姿勢が重要となります!

 

 

しかし、受講し満足しているだけではマイナス面も・・・

それは他者から得られた情報は意外とすぐ忘れやすいことです。

心理学者ヘルマン・エビングハウスの忘却曲線により分かっています。

 

 

 

 

要約するとヒトは記憶したものを1時間後に56%、1日後に74%忘れてしまうというものです!

 

どうしたらセミナーで得られたものをより定着させられるか?

 

これはさらに自己学習が必要ということと言えます。

アウトプットが重要で、院内外での発表だけではな同僚同士でディスカッションや実技練習も含まれると思います。

 

『手鳥足取り教えてもらう』というよりは『自ら学ぶ』ということですね!

 

皆さんも学会やセミナー参加に対する心構えを振り返ってみてはいかがでしょうか?

 

 

今回はここまでとします!

 

 

Lead!!!セミナー案内

 

筋膜の連続性と筋膜機能異常 ~それの基づく治療展開~

 講師:安藤 司 先生

    理学療法士

    臨床シェアスキル倶楽部(SSC)代表

    しもふり訪問看護リハビリステーション

 日時:1日目:平成29年10月8日(日)終了

    2日目:平成29年11月26日(日)12:00~17:00

   ※2日目のみの参加も受付いたします!

 申し込みはこちらから

 

 

これからもセミナーや内部勉強会を開催していきたいとおもいます。

ご興味ある方はホームページHP内お問合せなどでご連絡ください。